本当にそうでしょうか?

あるとない、好きと嫌い、できる、できない。

世の中には選択肢がありそのいずれかを選んでいかなければならない。

肯定的を取るのか不定的な人生を歩むのか。

良し悪しかも知れないが結果を残すには時にはどちらも選んだほうが結果的に得をすることが多い。

これを経験の差だと言われたりもする。

例え確率的に9対1だったとしても成功するかしないかの差だけなのだ。

つまり途中で諦めてしまってはとても勿体無いのである。

選択肢は数多く人によっては色々な選択肢をかいくぐってきた人もいるだろう。

しかしこれだけは言える。

人生はただ一度きりなのである。

失敗したって間違ったっていいのである。

しかしそれを次の経験に活かすことができなければそれは無駄になってしまうのだろう。

自分の人生を思い通りに過ごすことは難しいがそれなりに人生を楽しんでいかなければつまらなくなってしまう。

常に何かを選択しなければならない世の中であるが良い方向に進めていきたいものである。